なんとなくyanma。

www時代以前からInternetに居る人の、日常の1コマ。
Sat, 13 Jan 2007 15:38:03

愛の流刑地

またも公開初日から見に行ってしまいました(笑)
深いですね、このストーリー。
硫黄島もイロイロ考えさせられましたが、
愛の流刑地もまた、イロイロ考えさせられる、良いストーリーでした。

はい、以下は毎度の通り、
筆者の人生観と混ざった感想です(笑)

「普遍的客観性」って何なんだろう…

当事者の主観でしか表現できない世界。
それを「解釈」しようとする、別の人の主観。

そこに相違があることを認め合えればいいのだけれど、
認めないが故に、あるいは立場上認めていないように振る舞うが故に起こってしまう、茶番劇。

ただ、1つ言えるとすれば、
主観の中にしかない幸せは、同時に、周囲を傷つけていると言うこと。
当事者本人は幸せかもしれないけれど、より多くの不幸を巻き起こすことでしょう。

そして、主観的幸せの代償としての、罪と罰。
溺れたい世界と、そこに飛び込む選択をすることに伴う責任と覚悟。

まぁ、筆者個人的には、
何かを代償にした幸せは、真の幸せじゃない気がしますけど、
それでも本人にとっては幸せなのかもと思うと、複雑な心境です。

Posted by yanma  Category:映画感  comments:0

この記事のトラックバック用URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Calendar

    2019年9月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Attention Please

    2015、Blogお引っ越し計画。ようやく自分管理のサーバーへ。

    現在のお仕事は音声収録編集をメインに、音響屋だったり舞台裏いろいろだったり、インターネットラジオ等で喋っていたり、声優・役者・ナレーションなどなど表方までも。
    もちろん、旧来からのIT系ヘルプ・サポートも承っております。

    お仕事ご依頼の方は、こちらへどうぞ。
    ※強力な自動SPAMフィルターが掛かってます。誤認により遅達となる場合もあることをご了承ください。

  • Search by Google

    Google


    WWWを検索 blog内を検索

  • Categories

  • Comments

  • Archives

  • Syndicate this site