なんとなくyanma。

www時代以前からInternetに居る人の、日常の1コマ。
Mon, 14 Jan 2008 11:58:06

茶々

茶々 天涯の貴妃

歴史はその視点によって様々な側面を見せるわけですが、
これは淀の方、秀吉の側室から見たお話。

時は戦国時代、織田・豊臣・徳川という最後の激動の世。
肝が据わっていないと生き抜いて行けない時代ですね。

いやはや…今の時代、
こんなに肝の据わった立ち振る舞いの出来る人は、
なかなか居ないでしょう。男女問わず。
というか、当時でもなかなか居ない逸材だと思いますが。

今の時代、だいぶ甘い世の中であると同時に、乱れた世の中でもあり。
このくらい肝を据えて世の中渡っていきたいな、などと考えた筆者でした。

いやーしかし、鎧に着替えたシーン、
流石は宝塚出身といったトコロですかね。

Posted by yanma  Category:映画感  comments:0

この記事のトラックバック用URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Calendar

    2020年3月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Attention Please

    2015、Blogお引っ越し計画。ようやく自分管理のサーバーへ。

    現在のお仕事は音声収録編集をメインに、音響屋だったり舞台裏いろいろだったり、インターネットラジオ等で喋っていたり、声優・役者・ナレーションなどなど表方までも。
    もちろん、旧来からのIT系ヘルプ・サポートも承っております。

    お仕事ご依頼の方は、こちらへどうぞ。
    ※強力な自動SPAMフィルターが掛かってます。誤認により遅達となる場合もあることをご了承ください。

  • Search by Google

    Google


    WWWを検索 blog内を検索

  • Categories

  • Comments

  • Archives

  • Syndicate this site